HOME > プロが教える印刷物の作り方 > 単色印刷について

単色印刷について

イメージ

単色印刷は、単色インキだけで刷る印刷物を指します。単色印刷のメリットは、コストが安く、しかも早く仕上がること。さらに、小ロットにも対応しやすく、修正もしやすいことも挙げられます。映文社印刷では、充実した設備と豊富な実績を持つスタッフがきれいな濃淡の白黒印刷物を実現します。

単色印刷のメリットとは?

コスト削減 単色しか使わないため、カラーより安く仕上ることが可能。コスト削減につながります。
デザインにこだわらなくていいから、とりあえずコストを抑えたい方にはぴったりです。
スピーディ WordやExcel、PowerPointでつくったデータを変換し、そのまま印刷ができ、修正にも素早く対応できます。
修正しやすい 処理スピードが早いので、修正が入ったときでもすぐに対応できます。また、バリアブル印刷にも柔軟に対応可能です。
小ロット対応 高価な印刷版(アルミ版)をつくる必要がなく初期費用が少ないため、小ロットに対応できます。

高級感やノスタルジックを演出するなら白黒(単色)印刷が最適

写真などもそうですが、印刷物もカラーより白黒の方が味わいや風格、重厚感を演出できることがあります。例えば、高級感を演出したいチラシなどの広告物は黒を基調とした白黒印刷が多いです。また、ノスタルジックな風景を魅せるならカラーより白黒の方が伝わります。このように、何を伝えるかによって単色印刷の方が最適な場合もあるのです。

イメージイメージ

contactArea_img02.pngcontactArea_img03.png 

 

ページトップへ戻る