HOME > プロが教える印刷物の作り方 > 会社案内の作り方

会社案内の作り方

イメージ

会社案内パンフレットは、営業ツールやリクルートの会社説明用など、さまざまな場面で重要な役割を担ってくれます。企業理念やポリシー、事業や製品案内、技術力…など伝えたいことがたくさんあると思いますが、「より効果的に伝わる会社案内」を作るためには、どういったところにポイントをおけばよいのでしょうか。 ここで、会社案内に必要な基本的要素をご紹介。また会社案内テンプレートもご用意していますので、作成や入稿の際にお使いください。

会社案内に必要な基本的な要素例

  • プロローグ
    表紙をめくった最初のページには、会社の第一印象を決定づけるものを。企業コンセプトや方針などを伝えます。写真やイラストなどのビジュアルも考えましょう。
  • 企業理念・代表挨拶
    企業の考え方や方向性、社会に対して自社ができることなどを訴求します。代表の写真とテキスト(あいさつ文)やビジュアルで読み手を引きつけましょう。
  • 業務・サービス案内
    テキストが中心となるため、見やすさを重視したページ構成を考えます。ビジュアルは、メーカーであれば自社製品を、サービス主体であればイメージ写真を。
  • 会社概要
    設立年や住所・連絡先、資本金、取引先や取引銀行といった基本情報をまとめます。来客の多い企業であれば、アクセスマップを掲載すると親切です。
  • 組織紹介
    会社の組織や部門の関係を紹介する図。業務が多岐にわたる企業では、一目でわかりやすいようなチャートで見せるのがベターです。
  • 社史
    会社の沿革(歴史)を紹介します。ただの変遷紹介ではなく、読み手に何を伝えたいかコンセプトを最初に決めると、掲載内容も決めやすくわかりやすい表になります。

contactArea_img02.pngcontactArea_img03.png 

 

ページトップへ戻る