HOME > 本のソムリエオススメ本

本のソムリエオススメ本

映文社印刷がおすすめしたい本のご案内です。

心 (集英社)

心 (集英社)
姜 尚中(著)

親友を失った青年と、ある秘密を抱えた先生の間で交わされたメールを軸に織り成す、喪失と再生の物語。「生」と「死」をどうとらえいきていくかのヒントが様々な形で描かれている、人間の感情が詰まった、人間味あふれる長編小説。

 

「人が亡くなる」とはどういうことなのだろう、「死ぬ」って何なんだろう、「死んだ人」って何なんだろう、生きてる人とどう違うのだろうということを知る為に西山青年が起こした行動とは・・・?!

 

作者と青年、二人のやりとりをベースに描かれたドキュメンタリーの中には、サスペンス、神話的な要素も盛り込まれており、友情、恋愛、生、、に向き合ってきた全ての人に
おすすめです。

定価:1,200円

  • アメブロ
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 


夢見る美術館計画 ワタリウム美術館の仕事術

夢みる美術館計画 ワタリウム美術館の仕事術
和多利 志津子/和多利 恵津子/和多利 浩一(著)

第一回目の本屋特集でご紹介させて頂いたWATARI‐UM

美術館の歴史が描かれた一冊。

青山にあるWATARI‐UM美術館の礎が描かれている。

WATARI‐UMの始まりや、WATARI‐UM初代館長、和多利 志津子氏とアーティストとの交流、様々な芸術家との信頼関係を築きあげ、一つ一つの展示会に様々がドラマが詰まっていた。

時には芸術家たちがコラボレートしたり、今では誰もが知っているであろう大物アーティストとの歴史など。

あなたが魅了されたあのアーティストも登場するかもしれません。

多様な芸術家の歴史や思想なども楽しませてくれる一冊です。

和多利 志津子さんの芸術への深い探究心や人柄が伺える

この本を読むと、更にWATARI‐UMのドラマチックな世界観を楽しめるでしょう。

定価(税込):2,100円

  • アメブロ
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 


 contactArea_img02.pngcontactArea_img03.png

 

ページトップへ戻る